FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!

風俗に行ったらまず気をつけたいことは、性病です。
従業員は不特定多数のお客さんを相手にしているのですから、かかっていても不思議ではないのです。
性病はピンポン感染によって広がっていくので、症状があらわれない潜伏期間によって感染が広がっていくと思われます。

風俗でうつりやすい性病ランキング

1位 クラミジア

2位 淋病

3位 ヘルペス

クラミジア、淋病の感染率は高い!

クラミジアや淋病は、オーラルセックス(口を使った行為やキス)だけでにクラミジア、淋菌のウイルスが付着して感染します。
喉に感染すると咽頭炎を引き起こして高熱がでます。

咽頭クラミジア、淋菌を持っている人をキスをしただけでうつるということなのでとてもうつりやすい病気です。
最近では若い人を中心に流行しているので気をつけなければなりません。

風俗嬢が定期的に性病検査を受けていても注意が必要

風俗店では、定期的にSTD検査を受けているお店が多いようですが、結果が陽性(+)だとしても潜伏期間内に性行為をしていたら、お客さんにうつしている可能性があります。

店舗を持たない出張型風俗店(デリヘル)の場合は、検査をしていないところが多いそうです。
性病の潜伏期間は病気によって異なりますが、クラミジアだと1~3週間です。
しかも自覚症状があまりないので気がつかないうちにうつしていることが多いのがコワイところです。

風俗へ行きたいけど感染リスクを減らす方法は?

・コンドームの着用
・うがい薬
キスだけでも男性、女性のどちらかが菌を持っていれば感染するので、なるべくしないようにしましょう。
行為が終わったあとはうがい薬(イソジン)で喉の奥までガラガラしましょう。
オーラルセックス、性行為のときは必ずゴムを使用しましょう。

性病検査は定期的にすること

風俗に行って、アソコや喉に症状があらわれてからだと遅いです。
潜伏期間中でも結果がでることがあるので、マメに検査をすることです。ピンポン感染が原因で広がる性病なので、特定の彼女や既婚者のかたは特に気をつける必要があります。

FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!