FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!

泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科などの病院へ行って性病の検査をしてほしいと告げれば検査をしてもらうことができます。病院で性病の検査をしてもらうと、初診料や診察代がかかります。ただ兆候がない場合の検査は保険の適用ができない場合が多いようです。
1項目の検査の金額が2000~4000円前後で、 検査項目が多くなると2-3万かかる病院もあります。
性病検査キットを使って自分で検査を行った場合、 検査キットの費用だけです。1項目のみの検査では3000円が多いようで、複数の場合2万前後かかるキットもあります。
診察などがないので判別の目安だけを付けることになります。
保健所が最も安く無料で検査を行えます(ただし項目や日程に縛りがあります)。
性病検査を受けられる診療科をまとめておきましょう。

性病検査を受けられる診療科まとめ

性器の症状

泌尿器科、産婦人科、性病科になります。
泌尿器科では尿関連臓器、腎臓、尿管、膀胱、尿道、男性生殖器(陰茎、精巣、前立腺などにかかわるものを診ることができます。産婦人科では名前の通り、妊娠、出産、産後の事、女性生殖器、膣、子宮、卵管、卵巣にかかわるものを診ることができます。
性病科では名前の通り、性行為による感染症を診ることができます。
性病検査を受けることが出来る診療科は主に男性は泌尿器科、女性は産婦人科(婦人科)、男女とも性病科、内科、などです。性器の症状を主に扱っているのが泌尿器科、産婦人科、性病科となりますので覚えておきましょう。

泌尿器科

男性生殖器の病気がメイン。男性の性病、尿道に炎症などが起こる、性器クラミジアや淋病による尿道炎もわかります。性器に痒みやただれ、イボが出来る症状も泌尿器科で検査を受けることが出来ます。陰茎・尿道に症状が見られる場合、男性はまず、泌尿器科を受診すれば良いでしょう。

産婦人科

女性生殖器や性感染症も扱う対象になっているため、女性の場合は違和感や性感染症の症状が性器に見られる場合は産婦人科に行ってみましょう。性器の症状が気になる場合、女性医師を訪ねる方も多いです。

性病科

性感染症に特化した診療科が性病科です。性病科は性感染症に特化した診療科のため、男性や女性関係なく性感染症の検査や治療ができます。咽頭感染など性感染症のトータルケアができますがその後の感染箇所によっては、泌尿器科や産婦人科に回されることも多いため二度手間になる可能性はあります。

泌尿器科の場合は腎不全、腎臓病、尿路結石、膀胱炎などを扱っています。産婦人科も妊娠から出産、産後、子宮や卵巣の病気、生理不順や不妊症、更年期障害なども扱えます。性感染症以外の人が関連した病気にそのままシフトできるので判断だけなら性病科でもいいですが治療となると結局、別のところに行く必要が出てくる場合もあります。
咽頭の症状は内科、耳鼻咽喉科、性病科でも扱っています。

内科

消化器、循環器、呼吸器、神経、内分泌、免疫などを扱い、
咽頭の腫れや微熱を伴う性病の場合も内科で検査を受けることがあります。
耳鼻咽喉科・・・耳、鼻、咽頭、咽喉を扱いますが耳鼻咽喉科も咽頭の病気を扱っている関係で咽頭感染による性病の検査を受けることが出来ます。
咽頭の性病の検査は性病科でも受けることが出来ます。
男性は泌尿器科、女性は産婦人科にまず性病感染が疑われるときにはいくべきでしょう。

最近は、性病の検査は皮膚科などでも受けられるようになっています。そのため、基本的にどの科に行ってもわかる場合が多いので大丈夫です。ただ、ダイレクトに対応してもらいたいという場合は、男性であれば性病科が併設されている泌尿器科、女性の場合は産婦人科(性病科も併設されることが多いです)が良いでしょう。
性病検査の場合、保険の適用範囲内なのか適用外なのかがわかりにくいです。行う検査の内容、また症状がいま出ているかどうかなどの要因で変わります。
保険適用を見越して考えていた治療費が、全額負担となることもあったりするので驚くこともあるんですね。事前に確認したりできないところがなかなかうまくいかないところです。

FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!