FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!

性器ヘルペスは患者数は、10万人弱居るといわれ、男女とも20代以降の性的活動が活発になる年代に多いとされている誰もがかかりやすい性病です。男性より女性の患者数が多く、女性がかかりやすいともいわれています。また、何らかの症状があるのに本人は気づいていないことも多いと言われています。自覚症状がないまま、性行為を通して感染が広がっているというのがほとんどのケースです。原因は主に2型の性器ヘルペスです。ちなみに口の周りにできるヘルペスは1型のヘルペスウィルスです。
女性は痛くておしっこもできないような状態になることもあり、水泡のようなものができたときには、それが破れてただれたような状態になりますます、痛みます。
治療で症状を抑えることはできますが、ウイルスを死滅させることよりも再発を
抑えるといった形の治療が多いです。あらゆる性行為で感染します
もちろんパートナーに感染することもあります。
口唇ヘルペスの症状がある時にオーラルセックスをすると、相手の性器に感染することもあります。ウイルスに感染してから4~10日の潜伏期をおいて発症します。

潜伏期間や症状など

女性の場合、ヘルペスの症状は、外陰部に多く発症します。またやわらかいお尻や太ももに出ることもあり、症状が治まってから1週間はセックスを避けましょう。
初めてのヘルペスは女性の方が重症化しがちといわれています。
性器ヘルペスに初めてかかった場合、最初は感染部位に水ぶくれができ、つぶれていきます。男性の場合も性器近辺にできますが女性よりもあまり痛みを感じないともいわれています。性行為も治療中はやめておくことです。
男性の場合、亀頭や陰茎体部、太ももやおしり、肛門周囲にヘルペスができることがあります。ヒリヒリ感やむずかゆさでかゆみを伴った赤いブツブツや水ぶくれができます。
女性の場合も外陰、腟の入口とおしりが多く膀胱まで感染が広がることもあるのです。

まれに、ウイルスが髄膜にまで達して髄膜炎を起こす場合もあります。
発症のしかたには、急性型と再発型があります。

検査キットを使った検査方法について

ヘルペス感染が疑われる部位から、専用の綿棒でぬぐい液を採取します。
それを保存液に入れて検体を作ります。
一般的に、性器ヘルペスというと、単純ヘルペスウイルス2型(HSV2)ですが、オーラルセックスが盛んになると性器に単純ヘルペスウイルス1型(HSV1)が感染したりすることもでているようです。場所がどこであろうと、病変があれば、チェックができます。ただし簡易キットで、1型・2型の区別はできません。

治療方法や再発を防ぐ方法について

性器ヘルペスの治療は、抗ウイルス薬になります。
薬物治療を行うのが早ければ早いほど症状は軽くすみます。
回復も早くなります。
バラシクロビル
アシクロビル
ファムシクロビルなどが多く使われています。これらはすべて錠剤になっていますが、
痛みやかゆみをおさえるための軟膏を処方されることもあります。症状が緩和される要素がありますが根本的なウィルスの撃退にはなりません。
対策としては、ストレスや疲労をためない、
規則正しい食事と休息などが大切です。つまり普段の生活なのです。
また紫外線はヘルペスなどを悪化させることもありますので気を付けてください。
お酒の飲み過ぎもヘルペスを悪化させたり、推進させてしまうのでほどほどにたしなむようにしましょう。ヘルペスは再発しやすい病気ですから、弱い部分があるとすぐに出やすいという形になってしまうことを覚えておきましょう。やはり疲れを貯めるということは良くないものも再発させてしまうのですね。

FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!