FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!

妊娠する前に性病チェックを!胎児への感染リスクを減らそう

妊娠中、産婦人科やクリニックではHIV検査やクラミジアや梅毒などの性病に感染していないかの血液検査をします。妊娠してからの性行為で感染しているのにもかかわらず、妊娠するまで気がつかない例がたくさんあります。
妊娠してからの正しい治療で赤ちゃんへの感染リスクを大幅に減らすことができますが、感染していない母体で生んであげられることがベストではないでしょうか。
そこで、感染による赤ちゃんの状態や、感染リスクを減らすいくつかの方法を紹介します。

性感染症による胎児への影響

    • クラミジア

子宮頚管や卵管が炎症して不妊、流産の原因になる。
分娩時の産道感染で新生児肺炎や結膜にかかりやすくなる。(眼球結膜が真っ赤に充血する)。
妊娠時の治療によって母子感染を予防できる。

    • 淋病

産道感染によって、淋菌性結膜炎をおこすことがある。(瞼のまわりが暗赤色に腫れている)

    • 性器ヘルペス

新生児は、全身性ヘルペスにかかり死亡する危険性がある。

    • 梅毒

治療をせずに出産することで、先天性梅毒児といってひょっとこのような顔をした赤ちゃんが生まれます。(鼻が低く口がとがっている)皮膚疾患もあります。
※現在、国内での梅毒患者はいないとされています。

    • HIV/エイズ

母親が陽性(+)でも、母子感染予防処置によって完全に防ぐことができる。

FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!