FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!

性器のカンジダ症の症状の特徴として強いかゆみがあります。このかゆみは外陰部や腟部にあり、我慢できないかゆさのあまり、性器周りにひっかき傷が出来てしまう場合もあります。

原因はカンジダ・アルビカンスというカビの種類の菌で腟内や口中、腸管などに普通に人の体には存在する菌です。女性に多い疾患で健康であれば、免疫機能が働いているのでカンジダの症状があらわれることはありません。疲労やストレスで体のバランスが崩れると増殖しやすい環境になるため、カンジダを発症しやすくなります。
外陰部において軽いむくみや軽度の赤味、また特有のおりものとしてカッテージチーズのような白いおりものが出ることになります。白い腟内容物が出てくることもあり、検査時に腟内部を観察すると、ヨーグルトのような内容物やポロポロとした白い内容物が付着している事が確認できます。

潜伏期間や症状など

カンジダの 潜伏期間は、2日から1週間といわれています。もそのほかによく訴えられる自覚症状としては、女性の場合、外陰部や腟部のひりひりした痛み、性交痛や排尿障害があります。
男性の場合は、カンジダ菌を性器に保有しても、女性のような症状を訴えることは少ないです。男性の症状は亀頭包皮炎が多く、亀頭部や包皮に白いカスのようなものが出ます。また患部がカサつくといったこともあります。
カンジダの症状をそのまま放置してしまうと、炎症の悪化や湿疹の慢性化を引き起こします。ステロイドを使用している人は股部や外陰部に炎症がおきることも多いようです。
免疫力の低下以外でも、ピルの服用などで、バランスを崩すため、発症しやすくなるという事も報告されています。

検査キットを使った検査方法について

性器カンジダ症の診断は医師による問診、外陰部の特徴、腟診で診断されます。
そのほか、簡易検査キットでも検査をすることが出来ます。ただし、この検査は早期発見の補助で行うものですから、きちんと医療機関を受診する様にしましょう。価格は3500円前後で購入することが出来ます。方法としては膣の分泌物や尿を取る物などがあります。

治療方法や再発を防ぐ方法について

性器カンジダ症においては特に妊娠中はホルモンバランスの変化などで、免疫力の低下をおこしやすくなっているため、感染率が高まります。妊娠中に発症した場合、腟洗浄で洗いながし、腟錠や軟膏、内服薬など抗真菌薬で対応します。妊娠中以外でも同様に
抗真菌薬を使います。
妊婦が性器カンジダ症のまま胎児が産道を通ると、鵞口瘡という胎児の口の中の病気を起こすことがあります。

予防や再発としては規則正しく、ストレスをためない生活を心がける事です。
体調不良、過労、ストレスがたまると免疫力が落ち、抵抗性が低下するのでカンジダにかかりやすくなるのです。男性も同様です。女性は特に月経前やピルの服用中には気を付けてください。カンジダ菌の増殖を普段は免疫で抑えているのですが、ホルモンバランスの変化で繁殖しやすい状態を作ってしまうことがあります。また、抗生物質の服用は性器を守っている善玉菌も死滅させてしまうので、異常増殖する場合もあります。
女性の場合は、違和感を感じることが多いので早めに治療をしてください。
性感染症科(性病科)、婦人科、泌尿器科、皮膚科などで検査をすることが出来ます。
治療期間中に特に心がけてほしいのは局所の清潔と刺激の強い石鹸の使用を避けることなどです。また、清潔で通気性のよい下着を着用するのは男性も同じです。治療期間中の性交渉は控えましょう。男性も同様に抗真菌剤の軟膏やクリームを処方して治療を行います。もちろん刺激の強い石鹸の使用を避けてください。
再発した場合には同様の薬を処方して治す事も多いです。
早期発見・早期治療を行うことがなによりも大切なのです。

FANZAなら女性向けの人気エロメンAV多数あります! 人気在宅ワーク チャットレディ募集中!